Menu Open
創業享保二年 青木酒造株式会社鶴齢

お知らせ

「鶴齢の雪室」に今期分の雪を入れました

3月に入り暖かい日も多くなって来ました。

三寒四温を繰り返し魚沼にも春がやってきます。

弊社では春の訪れを感じる行事があります。

「鶴齢の雪室」の雪入れです。

昨年の5月9日に完成した

弊社の商品貯蔵、保管倉庫「鶴齢の雪室」。

毎年3月に新しい雪を入れ直します。

今年は各地で大雪の報道が多く流れましたが、

弊社周辺はどちらかというと例年より少なめです。

基本的には弊社敷地内に雪を貯めて、それを貯雪室に貯蔵しますが、

今年は量が足りないため、近隣の公道より雪を運んで貯雪します。

こちらは雪を入れる前の貯雪室内の様子。

昨年の雪をすべて溶かし、室内を洗浄します。

20180308_080249

バックホウとダンプを使って雪を室内に運びます。

20180308_082257
20180308_081819

その雪をロータリーで投雪します。

20180308_103723

この作業を約1日半繰り返し、満杯に!

総量にして約400トンの雪を貯雪室に貯蔵しました。

20180309_114337

雪は『雪男』がしっかりと見張ってくれています。

20180309_114910

この雪は来年の3月には約1割ほどになり、

また新しい雪を入れていく形になります。

雪は酒以外にも様々な恵みをもたらせてくれます。

魚沼の春は、その雪の恵みを得た野菜(雪下人参、大崎菜など)が出てきます。

また雪が解ければ、山菜の季節到来です。

山は宝の宝庫に(山菜の無断採取は禁止です!)。

また今の季節は、花粉症に悩まされている皆様も多いかと思いますが、

雪は大気中のチリやホコリ、花粉など吸着してくれるため、

魚沼の空気はとてもクリーンです。

スキーも5月まで楽しめますし、春の魚沼はまた違った魅力が満載です。

是非春の魚沼に足を運んでみてください。