鶴齢 純米大吟醸」は、新潟県産の酒米「越淡麗」を使用した30%精米の純米大吟醸です。2007年から10年の歳月をかけ、マイナス5℃の環境下で熟成させたこの1本は、創業300周年を迎えた青木酒造がいま考えうる最高の酒質を目指したもの。雑味なく澄み切った味わいと柔らかい飲み口が特徴です。

また、この記念酒のボトルデザインをクリエイティブディレクター佐藤可士和さんが手掛けました。彼の手によって一本一本絵付けされた有田焼による記念ボトルは、それぞれが異なる表情をもつこの世にふたつとない作品。300周年を祝うに相応しい銘酒がここに誕生しました。

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 特別版鶴首(袋取り)
1st

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 特別版鶴首(袋取り)

限定100

もろみを1袋20リットルほどの酒袋に入れて積み、そこから滴り落ちる良質な部分のみを使用する「袋取り」という特別な方法で搾られた特別酒。鶴首のように長いアシンメトリーの酒瓶は、まるでオブジェのような佇まいです。

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 特別版雪玉
2nd

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 特別版雪玉

限定200

もろみを濾過圧搾機で絞り寝かせて作られた特別版。ころりとした雪玉をイメージした気持ちの良いデザインに仕上がりました。

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 通常版
3rd

創業三〇〇周年記念酒 鶴齢純米大吟醸 通常版

限定300

2ndと同様の製法で作られた酒を黒のクリア瓶に詰めました。ラベルに使われている300周年の記念ロゴも佐藤可士和さんによるデザインです。

佐藤 可士和

佐藤 可士和

クリエイティブディレクター。SAMURAI代表。企業、商品、空間、地域再生など多岐にわたる領域でトータルプロデューサーとして活躍。文化庁文化交流使として日本の優れた文化、技術、コンテンツを広く海外に発信することにも注力している。佐藤可士和の超整理術』日経ビジネス人文庫)佐藤可士和の打ち合わせ』ダイヤモンド社)など著書多数。慶應義塾大学特別招聘教授。
http://kashiwasato.com/