Menu Open
創業享保二年 青木酒造株式会社鶴齢

お知らせ

新施設「鶴齢の雪室」完成

昨秋から建築しておりました新施設「鶴齢の雪室」が完成しました。

雪の冷気を利用し-5℃、5℃、外気温−5℃〜-10℃の3つの温度帯の貯蔵庫です。

雪国で過ごす者にとって、雪は時には災害を引き起こす厄介者でもあり、冬は何かと苦労しますが、こうして再生エネルギーとして活躍する有難い資源でもあります。(お酒作りに欠かせない仕込み水も、しいてはお米もこの雪無くしてはできません)

また、雪室での貯蔵は、電気を使った冷蔵と違い、庫内の温度変化がほとんど無いため、お酒の貯蔵温度も一定でお酒への温度ストレスがなく味わい風味も良くなります。

これから鶴齢の酒はこの雪室に貯蔵後出荷して行きます。

より美味しいと言って頂けるお酒となるようこれからも努力いたします。

来たる平成29年5月9日9:30〜に竣工式を開催させていただきます。

見学設備等はございませんが、当日は皆様にもご覧頂けますので是非お越しください。